新米ママ必見!ギャン泣き赤ちゃんの寝かしつけはネントレで改善!?

産後お悩み解決法

 

待ちに待った赤ちゃんの誕生、そして幸せいっぱいの育児…。

 

でも現実の育児って、幸せなだけじゃありませんよね。

 

特に乳児期にやってくる、

ママにとって最初の試練と言えば、

寝かしつけではないでしょうか?

 

泣きやまない赤ちゃん、

泣いている理由が分からない自分、

産後の疲れた体、近所への気遣い…。

 

やっと寝てくれた!と思っても、またすぐに泣きだす我が子。

 

少なくとも私にとっては、

0歳のころの寝かしつけは本当に辛い日々でした。

 

そこで気になったのが「ネントレ」というワード。

みなさんは「ネントレ」、知っていますか?

 

いくら寝かしつけても泣き止まない赤ちゃん。そんなときどうする?

 

産まれてきたばかりの赤ちゃんは、ひとりで眠るのもまだ苦手。

 

眠いのにうまく眠れず、

ギャン泣きしてしまうことも多々あります。

 

また体内時計も未熟なため、

せっかく寝かしつけても1時間おきに泣いてしまう、

なんていう場合も…。

 

では、赤ちゃんが睡眠の前後に泣くのはどうしてでしょうか?

考えられるのは、大きく分けて2パターンです。

 

ひとつは寒い、または暑い、衣服や布団、

スリーパーが不快、空腹、喉が渇いている、

オムツが濡れている、など

『物理的に取り除ける不快な理由』があって泣いている場合。

 

そしてもうひとつは、眠ることに不安を感じている、

日中に受けた刺激を整理しているなど、

精神的な理由で泣いている場合。

 

夜に赤ちゃんが泣いたときは、まず不快な理由を探ってみましょう!

 

赤ちゃんが過ごす部屋には気温室温計を設置しておくと、

快適な環境が分かりやすくなりますよ。

 

空調の風向きにも注意してあげてください。

 

大人なら気にならないような些細な点が、

赤ちゃんにとっては不快な環境になっている可能性もあるんです。

 

終わらない寝かしつけに、泣く我が子を放置したくなる!?

しかしいくら環境を整えても、

どうしても泣き止んでくれないことだってあるでしょう。

そんなときは精神的な理由が原因で泣いているのかもしれません。

 

抱っこをしても授乳をしても泣き止んでくれない…。

 

そんな状況に陥ると、母子ともに辛いですよね。

 

寝不足な日々が続くと心身ともに疲れてしまうので、

なおさら悪循環に陥りやすくなるものです。

 

何をやっても泣き止んでくれる方法が分からないとき、

もしかしたら我が子を放置したくなるときもあるかもしれません。

 

それに対して罪悪感を抱いてしまうママもいるでしょうが、

実はそれも寝かしつけのひとつの方法

 

海外では一般的なやり方で、

近年では日本でも「ネンネトレーニング」、

略して「ネントレ」としてこの方法が広まりつつあります。

 

この場合、放置と言ってもただ放っておくだけではありません。

ちゃんとした働きかけのパターンがあるのです。

 

ネントレでギャン泣きの日々にサヨナラ!?

早くから自立心を養わせる欧米では、

0歳の赤ちゃんでも一人寝が一般的。

 

その習慣を取り入れた「ネントレ」は、泣いても放置が基本です。

 

赤ちゃんを子供部屋で寝かしつけたら、ママは退室。

 

泣いても数分おきに声をかけてなだめる程度で、

朝までひとりで寝かせる。

 

これを数日間繰り返せば、

赤ちゃんがその睡眠リズムに慣れて

朝までひとりで寝てくれるようになるというのです!

 

赤ちゃんがしっかり寝てくれるようになれば、

母子ともにハッピーに!

 

心にも体にも余裕のある状態で育児できるようになるでしょう。

 

ただしそのためには、日中の生活リズムをしっかり守る、

入眠儀式を作って赤ちゃんに寝る準備をさせる、

安心して眠れる環境を整える、といった工夫が必要です。

 

また最初は赤ちゃんも

この新しい入眠方法に戸惑い、ギャン泣きします。

 

そこでママが挫折して添い乳してしまったり、

ネントレを中断したりすると、一人寝の習慣は身に付きません。

 

ネントレにはいくつかのコツや心構え、

目安となるスケジュールがありますので、

ネントレ本を読むなどして

準備を整えてからチャレンジすることをお勧めします。

 

トレーニング中はかえって泣く時間が長くなることも考えられるので、

できれば家族の協力を得られる日に始めるのがいいですね。

 

いつかは終わるギャン泣きの夜…。

 

毎日の寝かしつけ、ご苦労さまです

 

寝ぐずりの原因やネントレをご紹介しましたが、

分かっていてもなかなか対処できないのが寝かしつけ

 

ネントレも成功すれば

寝かしつけがグッと楽になるとは言え、それまでが大変です。

 

日々育児に奮闘している皆さん、本当にお疲れさまです。

 

でもそんな日々も赤ちゃんの成長に伴い、いつかは終わるはず。

 

昨日今日の寝かしつけがうまくいったママさんも、

そうでなかったママさんも、ぜひ自分を労ってあげてくださいね。

 

辛いときは日中の家事を手抜きすることだって大切ですよ!

 

 

 

コメント