失敗したくない人の産後ダイエット方法☆骨盤体操のやり方!-産後2ヶ月~6ヶ月編-

スポンサーリンク
産後お悩み解決法
スポンサーリンク

 

さて、前回は

産後1週間~1ヶ月くらいにできるストレッチをご紹介しました。

 

今回は産後2ヶ月~6ヶ月の間にできるストレッチです。

 

2ヶ月を過ぎると軽い運動をスタートすることができます。

産後2ヶ月~6ヶ月はボディリターン期といい、

体が妊娠前の状態に戻ろうとします。

 

通常の生活に戻れるようになったら軽い筋力トレーニングを行い、

妊娠中におちた基礎代謝を取り戻して元の体系に戻していきましょう!!

 

スポンサーリンク

産後2ヶ月~6ヶ月の骨盤体操☆簡単!そして赤ちゃんと一緒にできる!

 

今までは、身体の回復とともにできるストレッチを行ってきましたが、

産後2ヶ月を過ぎると、

軽い筋肉トレーニングを取り入れることができます☆

 

筋トレというと、

私としては辛い、しんどい、を思い浮かべてしまいます(*_*;

 

確かに自分一人だったら、目標がなかったら続けられません。

 

そこで、産後の筋トレで楽しくなれる方法をご紹介!!

 

それは赤ちゃんも一緒に参加して、遊び半分でできてしまうという

赤ちゃんにとっても、ママにとってもおいしい方法!!

 

では、実際のストレッチを見ていきましょう!!

 

産後2ヶ月~6ヶ月にできる骨盤体操のやり方☆

赤ちゃん参加型!オススメの骨盤体操☆

赤ちゃんは楽しく、ママも苦になりにくい!!

 

■添い寝体操

おへそが正面に向くように真横に寝て、下の足を少し曲げます。

上の脚を伸ばし、ゆっくりと上げ下ろしを繰り返します。

添い寝でもOKですが、

私は添い乳が多かったのでその時にやっていました☆

 

 

■お尻歩き(赤ちゃんの首がすわったら)

足をのばしたまま座り、赤ちゃんを脚の上に座らせてお尻で歩く。

 

■腰の上げ下ろし運動(赤ちゃんの首がすわったら)

産褥期で取り入れたストレッチですが、

飽きてきたら赤ちゃんをお腹の上に乗せて腰を上げ下ろしします。

 

その他にも、赤ちゃんのお散歩などで体を動かす機会もあります。

自分一人では続けられなかった運動も、赤ちゃんがいれば更に楽しくなる☆

 

骨盤体操ですが、半分遊び感覚で楽しんでやってみてください!

日々の運動で、骨盤を動かす機会をたくさん作っていきましょう!!

 

失敗したくない人の産後ダイエット方法☆骨盤体操のやり方!-産後2ヶ月~6ヶ月編- まとめ

 

産後すぐから、ずっと同じようなストレッチを行っていると

どこかでマンネリ化してしまいます。

 

私も、だんだんやるのが辛くなってきた時に、

産院からもらった資料に目がとまりました!

 

赤ちゃんと一緒にということは、

トレーニングしながら、赤ちゃんとのスキンシップもはかれるということ。

 

赤ちゃんもママといれる時間が少しでも長いと嬉しくなるものです。

 

一緒にトレーニングを開始し、

まだ首もすわっておらず、表情がでていない2~3ヶ月の頃は

一緒にっていう感覚がまだありませんでしたが

 

4ヶ月を過ぎるころ、

一緒にトレーニングをしていると笑ってくれたりして、

こっちまで楽しくなったことを覚えています。

 

皆さんもマンネリ化してきたら

ちょっと変えてみるだけで

また楽しいに戻ることができるかもしれません。

 

赤ちゃんと楽しくエクササイズ!!

一緒にやってみてくださいね☆

 

最後までお読みいただきありがとうございました(^^♪

 

 

コメント