失敗したくない人の産後ダイエット方法☆骨盤体操のやり方!―産後すぐ編-

私の妊娠体験あれこれ

 

人生の一大イベント、出産を終えた今。

 

まずはゆっくり休みたいですよね。

でも今やっておくと、

あとで産後ダイエットの成功に繋がってきます☆

 

こんなに身体ボロボロなのにまだ頑張れっていうの・・・?

いえいえ、そんなことはないので大丈夫(^^♪

 

産後の身体を労わりながらできる、簡単なストレッチです。

寝ながら、座ったままできます!なので安心して下さいね☆

 

産後ダイエットに繋がる骨盤体操の方法!

たーっぷりとお教えします!

実際に私もやってきたストレッチなので、

体験談も少し交えてお伝えしていきますね!

 

産後の骨盤ストレッチはいつからできるの?

 

産後は床上げが過ぎるまでは安静にすること・・・

確かに、今は体がボロボロの状態。

なので安静にするのは確かなことです。

 

でも捉え方を間違えて、

ずっと寝て過ごすことがいいと思っている方も

いらっしゃるのではないでしょうか。

 

実はそれ、間違いです!!!

産後のストレッチは産後初日から推奨されています。

その名も産褥体操!

 

産褥体操にはメリットがたくさん!!

ⅰ)子宮の収縮や悪露の排出を促す効果がある
ⅱ)母乳の分泌量が促進される
ⅲ)参道の筋肉やお腹、下半身の緩んだ筋肉を引き締める効果がある
ⅳ)血液の循環を良くして疲労回復に繋がる
ⅴ)むくみを軽減する効果がある

 

では実際に、産褥体操のやり方を見ていきましょう☆

今回は産後すぐ~1週間程度にできる運動をご紹介します!

 

スタートで差をつけよう!産後すぐからできる骨盤ストレッチ“産褥体操”

 

まずは無理のないように始めましょう。

2~3回。慣れたら5~6回くらいで大丈夫です(^_-)-☆

 

【産後1~2日】

体を動かさず、寝ながら、

または座りながらできる体操から始めましょう。

 

■胸式呼吸

仰向けに寝て、膝を立てます。

両手は胸の上に置いて行いましょう。

 

■腹式呼吸

姿勢は胸式呼吸と同様で、両手は腹部に置いて行いましょう。

 

■つま先と足首の屈伸運動

仰向けに寝て、足をまっすぐに伸ばし、

足首だけを前後にパタパタと動かします。

同じ体勢で、今度は足首を左右に開きます。

 

■肩を回す運動

座った姿勢で脇を締め、肩を回します。

前にも後にもぐるぐる回します。

 

【産後3~4日】

体を動かすことに慣れてきたら、

さらに新しい動きを取り入れてみましょう。

こちらも寝たままの運動です☆

 

■腹部の運動

腹部に両手を置き、頭だけをゆっくりと起こします。

 

■腰の上げ下ろし運動

膝を立て、両腕を軽く広げます。

肛門、腹部に力を入れます。

腰を上げて、ひと呼吸してから下ろします。

【産後5~6日】

少しずつ、体を動かす運動を取り入れましょう。

これも寝たままできます!

 

■骨盤を傾ける運動

膝を立て、両手を軽く広げます。

両足をそろえてゆっくりと左右に倒します。

 

■下肢の屈伸運動

膝を立て、両腕を軽く広げます。

片方の膝を腹部に近づけ、大腿をまっすぐに伸ばします。

足をゆっくり下ろし、もう片方の足も同様に行います。

 

失敗したくない人の産後ダイエット方法☆骨盤体操のやり方!―産後すぐ編- まとめ

今回ご紹介したストレッチはほんの一部です。

ネットや書籍でも色んなストレッチが出てきます。

 

ちょうど私も退院までに毎日やっていた体操です。

そして、退院してからもしばらくは

この体操を順繰りしてストレッチしました!

 

産後すぐなので、体重の変化よりも

むくみが取れ、身体も温かくなり気持ちよかったです。

 

私の場合、1日〇分、△セットというのは苦手なので、

赤ちゃんが寝たこの2~3分だけとか、

テレビを見ているこの数分だけ

というようにやりたい時にやっていました。

 

その代わり、1日のどこかでやると決めて

たまには、ストレッチ頑張ったら

ご褒美スイーツ☆とかもやっていました(笑)

 

産褥期はできるだけ継続することが、

今後のダイエットの結果を左右します。

 

是非とも取り入れてみてくださいね♪

 

次回は

産後1週間~1ヶ月にできるストレッチを

ご紹介しますので

楽しみにしていてくださいね♪

最後までお読みいただきありがとうございました(^^♪

 

 

 

 

コメント