生後2ケ月の赤ちゃんと買い物!気をつけるポイントは!?

スポンサーリンク
子供とおでかけ
スポンサーリンク

 

赤ちゃんとの生活も2ヶ月目に入り、そろそろ外出を・・・

とお考えの方もいらっしゃると思います。

 

手始めに買い物なんてどうかな?

と考えるも、何に気をつければいいんだろう、

と悩むママもいることと思います。

 

この記事では、

生後2か月の赤ちゃんとお買い物をしようと考えたとき、

どういったことに気をつければいいのか、

お伝えしようと思います。
(私の失敗も交えつつ・・・)

 

この記事が、これから赤ちゃんとのお買い物をしようと

お考えのママさんのお役にたてれば幸いです。

 

スポンサーリンク

赤ちゃんを買い物に!いつからならOK!?

 

生後1か月は、赤ちゃんを外に出さずにおうちの中で。

というのがありますね。

 

これは、新生児時期は赤ちゃんは、

体温調節などがまだうまくできないからという理由や、

感染症へのリスクにさらさないという理由、

出産後のママが無理してはいけないという理由など、

 

いろいろな要因があり、これらが、

1か月検診でOKが出るまでは外出は控えた方が良いという、

れっきとした根拠になります。

 

なので、1か月検診でOKが出るまでは、

外出自体がNGのため、

買い物ももちろんそのあとの話になります。

 

そして、1か月検診で、晴れて外出の許可が出た!

となっても、

 

外出しはじめのときは赤ちゃんを

お外の空気に慣らす必要があるので、

急にお買い物に・・・というよりは、

何日か数十分のお散歩をしてだんだんと時間を延ばしながら、

最終的に買い物に。

 

というプロセスでいくのがよりよいと思います。

 

抱っこで移動する予定であれば、

お外に出す前に、新生児でも使える抱っこ紐を

あらかじめ用意しておく必要があります。

 

新生児でも使える抱っこひもは、

まだ首が据わらない赤ちゃんでも

縦抱っこが可能というものや、

横抱っこが可能というものなど、

 

色々なメーカーから色々な商品があるので、

事前に調べておいて用意しておくと良いと思います。

 

このへんまでが、赤ちゃんとの外出準備ですね♪

 

次に、実際に買い物する際のポイント

ショッピングモール編 スーパー編 に絞ってお伝えしますね。

 

生後2か月でショッピングモールへのお出かけ!何に気をつける?

 

ショッピングモールの場合、

エレベーターがかならずといっていいほどありますね。

 

そして、館内の通路なども、広いことが多いです。

 

ベビーカー同士のすれちがいにも、それほど気を使うことは少ないです。

 

このため、抱っこ紐でもベビーカーでの移動でも、

移動に関して困ることは少ないと思います。

 

ですが、ショッピングモールって、

ほんとうに広くて色々なお店がありますね。

 

授乳室などは、意識していないと

どこにあるのかわかりません。

 

買い物中、赤ちゃんがぐずり出したとき、

そこから「授乳室どこ!?(汗)」

と血眼になって探すより、

 

どこで授乳やおむつ替えをすれば

よいのかを事前に把握しておくと、

焦らずに済んで良いと思います。

 

最後に授乳した時間を見ておいて、

もう少しで授乳予定時間かな・・・と思ったら、

授乳設備に向かうか、授乳設備の周辺で待機するなど、

余裕を持って行動すると良いと思います。

 

これが一番のポイントだと思います。

 

授乳予定時間の少し前に、

携帯などのアラームをセットしておくと良いと思います。

 

ひさびさの買い物に夢中になりがちですが、

赤ちゃんのために早めに切り上げることも忘れずに。

 

生後2か月の赤ちゃんとスーパーで買い物!何に気をつける?

 

スーパーの場合、ショッピングモールと違って、

人と人との距離が近いですね。

 

すれ違うときにも、気を使います。

 

なので、ベビーカーごとスーパーでお買い物するのは難しいですね。

なので、キホン抱っこ紐で出かけると

フットワークが軽くておすすめです。

 

でも、ベビーカーで行きたい!というママさんなら、

ベビーカーでスーパーに行き、ベビーカーを表に置いておいて、

赤ちゃんを抱っこして買い物、という方法もアリですが、

 

首の据わらない赤ちゃんを片手に買い物・・・

というのは危険ですから、

抱っこ紐で抱っこしなおす必要があります。

 

それなら、両手が空いていいですね。

帰りは、赤ちゃんを抱っこ紐で抱いたまま、

買ったものをベビーカーに乗せて帰る。

ということができますしね。

 

抱っこ紐で2か月の赤ちゃんを

抱っこしながら買い物する際ですが、

スーパー内は生鮮食品を扱っておりけっこう寒いことが多いので、

長居はさけること。

 

空腹でギャン泣き・・・ということをさけるため、

空腹時にバッティングしないようにすること。

 

抱っこした赤ちゃんと、

他のお客さんのカートとの距離に気をつけること。

などがポイントかと思います。

 

あとは、お会計の際ですが、

サッとお財布が出せるようにしておくこと。

 

買い物かごにセット可能なエコバッグを持っていくこと。

などがポイントだと思います。

 

生後2ケ月の赤ちゃんと買い物!気をつけるポイントは!? まとめ

 

私がショッピングモールで買い物しているとき、

ひさびさの買い物に思わず夢中になって、

ギャン泣きしている赤ちゃんと焦って

授乳室に駆け込んだこともありました。

 

ごめんね~、と赤ちゃんに謝りながらの授乳。

 

でも、授乳さえ何とかなれば、

ショッピングモールでは困ることは少なかったと感じています。

 

逆に、スーパーでは、よーく赤ちゃんを泣かせてしまったなあという記憶があります。

 

私が赤ちゃんとスーパーで買い物しているとき、

だいたい、買い物しはじめから泣いていることって少なくて、

 

買い物の途中でだんだんむずむずしはじめて、

焦って買い物をすすめようとしたけどあきらめて、

 

レジに並んでいるうちに泣きだして、

袋詰めしはじめるときにはもうギャン泣きで。

 

袋詰め作業は、ひたすらスクワットでww

毎回、こんな感じでした。

 

あまりに必死な形相だったからか、

隣で袋詰めしているお母様世代のかたに、

「大変なのはちょっとのことよ」

なんて声をかけてもらったりしたことも。

 

だいたい、買い物後半にむずむずしだすので、

魔の袋詰め作業を省こうと、

買い物かごに設置可能なエコバッグを持参することにしたんです。

 

そしたら、精算と同時に袋詰めが終わっているので、

とてもラクでしたよ!

 

赤ちゃんを抱っこしながら買い物かご

袋詰め台に持っていくプロセスも省けますしたしね。

これは本当におススメですよ!

 

これから赤ちゃんとお買い物をお考えのママさん。

この記事が、そんなママさんのお役にたてると幸いです。

 

ママも赤ちゃんもできるだけ、ラクなように。

すこしの気づかいで、ぐっとラクになることがあります。

楽しくお買い物に出かけられますように♪

 

 

コメント