【離乳食開始!でも、お出かけの時ってどうするの?】

スポンサーリンク
子供とおでかけ
スポンサーリンク

 

おっぱいやミルクですくすくと大きくなった赤ちゃん。

 

生後6か月ぐらいから離乳食を始める方も多いと思います。

 

最初は手探りで進めていくので慣れるまでは

赤ちゃんもママもちょっと大変かもしれません。

でも、1ヶ月過ぎると、食べられる食材も増えてきて、ママも慣れてきます。

 

ちょうど月齢的にも、あかちゃんが色々なものに興味を持ちだし、

お出かけが楽しい時期になってくる頃です。

 

でも、お出かけしている時って

離乳食はどうするのかな?と疑問に思いませんか?

そんなママたちに、手軽にできるお出かけ中の離乳食を紹介します!

 

スポンサーリンク

離乳食初期って?どんなものを食べられる?

離乳食初期は、赤ちゃんがミルクやおっぱい以外に
人生で最初に口にする食べ物を与え始める時期です。

離乳食を始める時期の目安は、
首が据わって、支えてあげればお座りができる
大人が食事をしている姿を見て
パクパクしたり興味を持ち始める、などありますが、個人差が大きいです。

まずは“10倍がゆ”という
なめらかにすりつぶしたくらいのおかゆから始めます。

 

次に野菜類

その次にたんぱく質(白身魚や豆腐など)と1か月かけて進めていきます。

赤ちゃんによって食べる食材、食べない食材、他にも、
この時期にはアレルギーの心配などから

与えてはいけない食材もあるので注意が必要です。

 

順調に進むと、1ヶ月経つ頃には、個人差こそありますが、

おかゆ、野菜、タンパク質+ミルクや

母乳のスタイルが一日一回出来上がります。

 

ここから一日二回、と機会を増やしていきます

最初からうまくやろうと思わず

まだまだミルクや母乳が主食なので気にしないのが一番です!

 

私の経験では、上の子と下の子でも違いがありました。

ペースト状のものは嫌、とか、

野菜しか食べない、とか本当に個性が強く出ます。

 

でも、一回ずつ気に病んでいたら、

ママは大変なので、色々と試しながら進めていけるといいですね!

 

お出かけしよう!でも、離乳食始めてるし。。どうしよう?

 

一度離乳食を始めると、

休んだりしたら食べてくれなくなっちゃうかも、

と心配に思うかもしれません。

 

でも、そんなに気に病まなくても大丈夫だと私は思います。

具合が悪い時なども、離乳食をお休みしたりしますし、

ママだって毎日離乳食の心配をしているんじゃ大変です!

 

でも、何となくお休みしたくない・・・その気持ちもわかります。

私も上の子の時は、

きっちりかっちりちゃんとやろう!と思っていました。

 

お出かけを理由に離乳食をお休みしたくない時、

私がフル活用していたのは“ベビーフード”です。

 

ベビーフードとひとくちに言っても色々なものがありますが、

私が離乳食初期だけでなく

ほぼ離乳が完了するまでお世話になっていたのは、

フリーズドライ”になったベビーフードです。

 

もちろん、これでも、食べる食べないの個人差はあるので、

みんなができる、というわけではありませんが、

食べる直前で作るので、

家で用意したおかゆや野菜を持って歩くより、断然衛生的です。

 

ただ、お出かけが決まる前から、少しずつ慣れてもらう必要もありますが、

種類も豊富ですし、

何よりコンパクトで、お出かけにはもってこいでした!

 

初期以外にも、離乳食が進んできて、

ペースト状じゃなくなった時でも、

少し野菜やたんぱく質を足したいなぁ、

と思ったときはよく使っていました。

 

手作りおやつの時にも、色付けに使ったりと重宝しましたよ!

 

さぁ、お出かけだ!でも何を準備すればいいの?

 

ここまでで、お出かけ先でも離乳食

なんとかなるかも?と思ってもらえましたか?

 

ここからはさっそく準備に取り掛かります。

 

・離乳食(手作り、ベビーフードなど)
お出かけの日数などにもよるので、日数分の離乳食を準備します。

前に書いたベビーフードなどもそうですが、

お出かけの時に新しい食材を与えるのは控えたほうが無難です。

 

もし、急にアレルギー反応などが出てしまったときは

かかりつけ医でもない病院に駆け込まないといけないことになるからです。

 

なので、お出かけが決まるまでに準備が大切

 

食べられる食材を把握しておくこと、

ベビーフードでも好みをちゃんと理解して準備することが大切です!

 

・赤ちゃん用の純水
他に私がよく使っていたのは、赤ちゃん用の純水です。

色々な商品が出ているので、赤ちゃん用品店で見てみてくださいね。

 

このお水でフリーズドライのベビーフードをふやかしたり、

ミルクの調乳にも使いました。

もう少し大きくなると、

マグなどから水分補給をするようになってくるので、その時にも使えます。

 

・ミルカー
本来ミルカーは、粉ミルクを一回分ずつ小分けにして持つために使いますが、

私はこれをお皿代わりに使いました。

使い終わったらさっとすすいでおく。

 

だいたい3段くらいになっているものが多いので、

離乳食初期はこれが一つあれば足りちゃいます♪

 

そのまま使うのに抵抗があれば、

ラップを敷いて使うのもいいかもしれません。

 

・使い慣れた離乳食用スプーン

これが結構大切です。

スプーンが変わっただけで食べてくれなかったりします。

お出かけ用に携帯用スプーンよりは、

ぜひ、普段から使っているスプーンを持って行ってあげてくださいね!

 

離乳食初期の準備としてはこのくらいで大丈夫だと思います。

 

もちろん、離乳食が進んでいくにつれて持ち物が増えたり、

普段のお出かけの持ち物(おむつや着替えなど)もあると思うので、

離乳食の準備は

出来るだけコンパクトにまとめるのがコツです!

 

まとめ

最初は赤ちゃんとのお出かけだけでもドキドキです。

 

そこに離乳食まで追加されると、

不安に思うママも多いと思います。

 

でも、事前に準備したり、色々と試してみることで

少しずつその不安は少なくなっていくと思います。

 

ぜひ、臆することなく赤ちゃんとのお出かけを楽しんでくださいね!

 

コメント