お年玉の額の新しい決め方。

産後お悩み解決法

 

「もういくつ寝るとお正月」

 

子供の頃は、お正月が・・・というより、

お年玉が待ち遠しくて、ワクワクしていたものでした。

 

しかし、大人になった今は、できるだけ親戚に合わないように、

ビクビクして過ごしております(笑)

 

さて、そのお年玉ですが、やはり子供の年齢によって、

どのくらいの額を渡したらいいのかと、

ネットで検索したりしますよね。

 

そのような記事も、たくさんヒットします。

 

見ると、未就学児には「お金をあげるのはまだ早い」と、

お菓子やおもちゃだったりする人も多いようです。

 

小学生になってくると、2000~3000円とか、

中学生には5000円とか、

やはり年齢が上がるにつれ、お年玉の額も増えているようですね。

 

そんな中で、おもしろい記事を見つけました。

 

テレビでも活躍されていた

心理カウンセラーの心屋仁之助さんをご存知でしょうか?

 

あの方は、以前「神社ミッション」と称して、

”ご利益のなさそうな寂れた神社にお賽銭を1万円入れる”

というのをやっておられました。

 

これは、自分の中にあるお金や物に対する執着を取り払うためです。

 

見返りを求めず、お願いごとをするのではなく、

ただ、1万円を入れるのです。

なかなか出来ることではありません。

 

さらに心屋さんは、

「子供にお年玉は意味もなく一杯あげましょう」と言っておられます。

 

そうすることで、

「多分豊かな子供になりますよ」と。

(多分と言っておられるところがチャーミングです(笑))。

 

さあ、それを実際に実行したお弟子さんもおられるようでして。

中学生、高校生、大学生のお子様に10万円ずつ渡したところ、

それぞれ好きなもの、必要なものを買って、散財したりはしなかった、と。

「とにかくみなさんもやってみて」と。

「やらずに結果を決めつけるのはもったいない」と仰っていました。

 

おそらく、「その結果を期待して」では意味がないのだと思います。

 

それは神社へのお賽銭で

「見返りを期待して」いるのと同じことになりますからね。

 

子供に破格の額を渡したら、恐ろしい事が起こるかもしれない、

でも怒らないかもしれない。

 

どうなっても結果を受け入れる。

という覚悟が必要なのでしょうね。

 

でもその結果、やはり「自分で選べる」という

自由を子供が手にするわけですから、

「豊かさ」を与えられていることにはなるんでしょうね。

 

「さすがに10万円は無理」という方が多いとは思いますが、

 

例えば今まで

「お母さんが貯金しておいてあげる」と言っていたタイプのお母さん、

今年は使い道を本人に任せてみる、というのも面白かもしれませんね。

 

そんなわけで、

お年玉の額の新しい決め方」は、

「自分にとって痛い金額を子供に渡す」という結論になるでしょうか。

 

 

コメント