子連れで買い物が大変だと思う理由! 私の場合

スポンサーリンク
子供とおでかけ
スポンサーリンク

 

ちょっとそこまでだから、と、

子どもを連れて買い物に出かけたのは良いけど、

 

帰宅した時にはこの世の果てみたいにげっそり・・・

 

なんて経験、ないですか!?

ちょっとの買い物でなんでこんなに疲れるの!?

 

もう連れて行きたくないよ~!と、

泣きたい気分になったことは、一度や二度ではありません(私の場合)。

 

この記事では、どうしてそんなに疲れてしまうのか、

イライラする理由や、私はどうしているか、

について伝えていきたいと思います。

 

買い物恐怖症になりかけているママさんのお役に立てば幸いです。

 

スポンサーリンク

子連れで買い物すると、なぜイライラするのか?

 

一人で買い物をするときに、イライラすることはないのに、

子連れで買い物に行くと、毎回イライラしてしまう。

どうしてでしょうか?

 

それは、

子どもが自分のペースを乱す

からですね。

 

一人なら、買い物リストを見ながら、

流れるようにレジまで進むことができます。

 

急いででもいないかぎり、焦ることもありません。

 

なのに、

子どもを連れて行った日には、

買い物する前からイライラがすでにはじまります。

 

カートに乗るor乗らない。

きょうだいがいれば誰がカートに乗るかor誰がカートを押すかでモメる。

カートに乗ったと思ったら途中で抱っこを要求。

きょうだいがいれば誰が抱っこされるかでモメる。

 

商品を触ろうとする・気がついたら

持ち歩いている・勝手にカートに入れている。

 

きょうだいで未購入の商品

(しかも買う予定の無い商品を・・・)

を取り合いモメる。

 

降りる!と言うので降ろし、

(ほっ)とするのもつかの間、子どもが走り出す。

きょうだいがいればもう一人が追いかけるor鬼ごっこがはじまる。

ぶつかりそうになった他のお客さんに謝りながら、ママ追いかける。

 

子ども(達)さらに逃走。

もうその後の買い物はあきらめ、お会計に向かうことにする。

 

やっと、レジにたどり着き、もう少しだ!私、がんばれ!!!

と思うのもつかの間、

 

「ママ~トイレ!」

ママ、倒れる寸前ですww

 

一冊本が書けそうなくらい、

子連れの買い物ってイライラの種だらけです。

 

ママ自身の要素って、ひとつもないですよね。

子どもがママのペースを乱すことが、イライラの原因なんですよね。

 

そして、周りに迷惑をかけているという焦りが、

また子どもに対するイライラを増幅させてしまうように思います。

 

子連れで買い物するより、連れて行かないっていう選択肢ってどう?

 

上に書いたようなイライラの原因は、

とくに手がかかりガマンがまだできない

2~3歳の子どもがいるときに多い気がします。

 

私は三人の子どもたちがいます。

 

みんな1歳前後までは、まだいろいろなことが良く分かっておらず、

抱っこ紐でおとなしく抱っこされているだけでした。

 

2歳くらいになってくると、

「自分がやりたい!」という強い気持ち(この時期特有の。)が芽生え、

 

自分がカートを押したい!

自分がかごに入れたい!

などの欲求を訴えます。

 

3~4歳くらいでは、自分がやりたい!

という気持ちは少しずつ落ち着いてはくるものの、

 

あれが欲しい!

あれで遊びたい!

など物に対する執着のようなものが生まれます。

 

また、

お金を払いたい!

カードを出したい!

などの、すこし高度な欲求も出てきます。

 

5歳くらいになると、やっとお手伝い感覚で、

ママのお手伝いをしてくれるようになります。

 

こういった経過は、我が家の子どもたちで経験したことですが、

大きくなってくると、少しずつ落ち着いてくるのは感じています。

 

なので、一緒に連れていくと本当に買い物が大変!!

という時期だけは、連れて行かないという

選択肢もありではないかと思います。

 

無理そうなら、連れていく回数を減らすということでも、

少し気がラクになるかもしれません。

 

子連れで買い物をするときのコツ

 

といっても、

「子どもを連れていくしかないから連れて行っているのに。」

という方ももちろんいらっしゃると思います。

 

そういう方の買い物が、

少しでもラクになる方法を考えてみました。

 

というか、自分が子どもたちを連れて

買い物をするときにどうしたら

一番良いか考えて実践してみたことをお伝えします。

 

2~3歳の子どもは、排泄や空腹、

眠いなどでカンタンに不機嫌になりますね。

 

なので、買い物に出かけるまえには

昼寝、食事やおやつ、排泄を済ませることを重視しました。

 

とくに、おやつの直後に出かけると、

「今おかしを食べたい!」

という要求が比較的抑えられるのでおすすめです。

 

だいたいおかしを買う買わないでもめますから・・・

 

また、その日におかしを買う予定があるなら、

最初におかし売り場に行き、

目的のおかしを手にもたせておいて、

その後の買い物を進めるのもいいかもしれません。

 

そして、一番重要なことですが、

お買い物に出かける前に、ちゃんと子どもと向かい合って、

「これから○○ちゃんとママと一緒にお買いものに行くけど、」

と前置いて、

 

「おかしは1個までね」

「走り回ったりしないでね」

「ちゃんとママと手をつないでいてね」

と、前もって約束をしておくことです。

 

あまりたくさんのお約束はできないので、

そのとき重要だと思った約束をひとつかふたつ。

 

うちの子どもたちには、この”前約束”がけっこう良かったです。

買い物中に子どもが忘れそうだな、と感じたら、

「○○ちゃん、あれ、約束したよね!」

と伝えると、ああそうだった、と行動を正すこともありました。

 

そういった約束は、守られるときもあれば、

残念ながらそうでないときもありました。

 

でも、ちゃんと買い物中に約束が守られていたら、

買い物のあとに、

お買い物の前にお約束した、

 

走り回らないでねってこと、守ってくれたね!

ありがとう!またお願いね!」

と伝えるようにしました。

 

買い物で走り回らなかっただけの話ですが(笑)、

本人は達成感に満ちていました。

 

きちんと子どもにお礼をしておくと、

その後の買い物の約束も、スムーズだったと思います。

 

ある程度大きくなってから(5歳・3歳)は、

「二人で手をつないで○○を持ってきて!」

とお願いするようにしています。

 

そうするとモメはじめていた二人がけんかをやめ、

仲良く手をつないで任務を果たそうと歩いて行きます。

 

遠くにあるものだと探せないし私から離れてしまうので、

目的の商品の目の前で商品を指示するようにしています(笑)。

 

混雑した店内では、ちょっと無理ですが・・・。

 

子連れで買い物が大変だと思う理由!私の場合 

 

子連れで買い物するとき、自分のペースで買い物できなかったり、

癇癪を起こしてしまったために買い物が中断してしまったりと、

なかなか「子どもを連れて買い物に行こう!」

という気になれなかったのが実際のところですが(笑)、

 

買い物に行った後に子どもたちがさっそく、

レジのまねごとをしたり

買い物のまねごとをしたりしているのを見ると、

良い刺激になったんだなと感じます。

 

でも、子連れで大量の買い物ってどうしても大変なので、

連れていくなら

 

それほど買うものがないとき

”重要性が高くないとき”に

”連れて行けるようなら”

くらいのスタンスで連れていくと良いのではないかと思います。

 

そして、連れて行ったなら、

子どもに うるさい! と叱り飛ばすより、

 

周りの人にうるさくてごめんなさいね~♪ 

と会釈するくらいの感じの心の余裕が持てると

良いのではないかな~と思います。

 

うちも、まだまだ買い物中

予想外のイライラだったりハプニングだったり、

そんなことばかりなので、日々勉強です。

 

だけど、やっぱり買い物で大変なのはいっときのことなんだなあと、

手がかからなくなった長女を見て思います。

 

お互い、がんばりましょう♪

 

この記事が、

子連れで買い物をお考えのママさんのお役にたてば幸いです。

 

 

コメント