抱っこ紐のよだれカバーは本当に必要!?

スポンサーリンク
私の妊娠体験あれこれ
スポンサーリンク

 

抱っこ紐を購入する時、

よだれカバーの存在をすっかり忘れていました。

 

赤ちゃんの首も座り、いざ使用する時に

「あれ!?よだれついちゃう!?」

と、ようやくここで、よだれカバーの存在を思い出しました(‘Д’)

 

結論から言うと、よだれカバーは必要です!

 

抱っこ紐を購入したと同時に買っておいたほうが良いと思います!

 

今回はよだれカバーがなくて困った事、代用品、そして

人気のよだれカバーをご紹介します!

 

スポンサーリンク

抱っこ紐のよだれカバー、ガーゼで代用してみた!!

 

すっかりよだれカバーを購入するのを忘れていた為、

新品の抱っこ紐に速攻よだれが付き、テンションが落ちました(笑)

 

抱っこ紐自体は洗うこともできますが、よだれが少しついたくらいで

洗っていてはキリがないですよね。

 

とりあえず代用できるものを、と考え、ガーゼで巻いてみることに・・・

 

応急処置としてはなんとかなりましたが、

さすがにガーゼを巻いて

そのまま出掛けるのは躊躇ってしまう見た目の悪さだったので、

おすすめはできないです((´∀`))ケラケラ

 

後々調べてみると、

レッグウォーマーをよだれカバーの代用に使用する方もいて

家にあるもので、代用品を考えてみるのも良いと思います!

 

よだれカバー枚数は何枚必要!?

 

よだれカバーを付けてしばらくすると、

生地の糸を歯と歯茎でひっぱり、

ボロボロにしていることに気が付きました・・・

 

うちの娘はマグのストローも同じように

引っ張ってゴムを引きちぎっていたので

まんまとやられてしまいました(+_+)

 

キレイ好きのお母さんなら出掛けるたびに

よだれカバーを付け替えるようなので、

2枚くらいあったら洗い替えができてよいと思います。

 

私の場合はめったな事でないと洗い替えはしなかったのですが、

カバーを破壊されるため、3度購入することになりました。

 

最初はブランド品で、素材にもこだわったものを購入していましたが、

壊されてからは「質より量」という感じで

お手軽のもので済ませました(笑)

 

成長したこともあり、「汚れてもいい、壊してもいい」

と買ったものに限って

キレイに使用しているのでとても複雑な気持ちです(*_*;

 

抱っこ紐のよだれカバー人気の今治ブランド

 

私も含め、多くのママが使用しているよだれカバーに

「今治タオル」のブランドがあります。

 

今治タオルの認定を受けるには厳しい審査があるようです。

 

よだれカバーはデリケートな赤ちゃんの肌に触れるものなので

肌触りの良いものを選んであげたいですよね。

 

そんな時に、日本製の今治タオルのよだれカバーなら

吸水性はもちろん、やわらかな肌触りはママにとっても安心です。

 

月齢の小さな赤ちゃんは特に肌が敏感ですので、

よだれカバーは素材にもこだわって探してみるもの良いと思います。

 

抱っこ紐のよだれカバーは必要不可欠です!

 

抱っこ紐は早ければ新生児から2歳すぎくらいまで使うものです。

抱っこ紐をきれいに使うためにも、

よだれカバーは必要だと思います。

 

今は素材や色、デザイン等豊富に揃っているので、

選ぶのも一苦労です(*´з`)

 

妊娠中に時間があれば赤ちゃんの為に手作りをするのも素敵ですね。

 

ぜひ、お気に入りのよだれカバーを見つけて

楽しく抱っこ紐でお出かけをしてください!!

 

 

コメント