3人目の妊娠は不安でいっぱい!?

私の妊娠体験あれこれ

 

3人目の妊娠、望んでいたにも関わらず、発覚したときは、

「つわりの時は、上の子たちどうしよう」

「夫がいない時に陣痛がきたら。。。」

「本当に、私に3人の子育てができるのだろうか」

こんな感じで、毎日不安でいっぱいでした。

 

無事に出産を終えた今、ほとんどの不安は考え過ぎでした!

 

ですが、同じように

3人目の出産を控えて不安に思っている方へ

応援の気持ちも込めて私の体験談を紹介したいと思います。

 

3人目の妊娠、つわりがひどかったらどうしよう。。。

 

初めての妊娠のとき、つわりが非常に重かった私。。。

出産の痛みよりも、つわりがキツくて

「もう二度と妊娠したくない」と思うほど。

 

ですが2人めのときは、ほとんど体調の変化なく、

快適なマタニティライフを過ごせました.

 

3人目の妊娠では、、、

つわりは、重かったです。。。長男のときよりも

産めば産むほどラクになるわけではないんですね。。。

 

この頃は、長男のお友達のママに

上の子たちを見てもらったり、

夫に早く帰ってきてもらったり。。。

 

それでも一人で見なきゃならないこともありましたが、

子供たちも赤ちゃんのために頑張ってもらいました

 

3人目の出産、陣痛はいつくるのか不安。。。

 

3人目の妊娠時

産婦人科を選ぶにあたって重要視していたのは、

陣痛などの緊急時

上の子たちを一緒につれていけるかどうか」です。

 

親戚は近くにはおらず、

里帰りもしないでの出産になるので、

緊急事態の場合に

柔軟に対応してくれる産婦人科を探しました。

 

運良く、車で20分くらいのところに、

保育所つきの産婦人科を見つけることができました。

 

ですがやっぱり、

3人目の出産はできれば

みんなに立ち会ってもらいたい。。。

 

パパの仕事が休みの日に出てきてね〜〜と、

臨月の頃には毎日のように

お腹に言って聞かせていました。

 

そして迎えた陣痛の日は、、、

なんと土曜日夫もいるし、上の子たちも園がお休み

みんなで一緒に病院へいき、

陣痛から3時間、

無事に家族全員で出産迎えることができました。

 

こういう奇跡って、めずらしくないみたいですね。。。

他のママに聞いても、

3人目は家族のいるときだったことが多くびっくりです。

 

3人めの妊娠、経済的不安も

 

3人目の妊娠では、

やっぱり避けて通れないのが、経済的不安

 

まわりでも、

「2人目まではどうにかなるが

3人目となると経済的に。。。」

と言っているママが多いと思います。

 

我が家がとった対策は、、、

車を手放す!」です!

 

子供3人いたら逆に必要でしょ!?

と思うかもしれませんが。。。

 

我が家の場合、

①私が運転するのが得意ではない、

②徒歩圏内に駅がある、

③幼稚園も歩いて5分、

④マンション住まいなので駐車代がかかる

という理由があるので、

車を手放しても日常生活に支障は出ないと考えました。

 

レジャーで車を使いたいときは、レンタカーで。

また、緊急で病院などに行きたいときはタクシー

 

不便だな、と思うこともありますが、

家計はだいぶ楽になりました!

 

どこへ行くにも徒歩になったので、

子供たちも運動不足解消になっているかも!

 

3人目出産となると、

収入を増やす事は簡単ではないので、

やはり出費をどうやって抑えるかが重要になると思います。

 

まとめ

3人目の妊娠は、

不安でいっぱいでしたが、乗り越えることによって、

3人を子育てする強さ」が身に付いたように思います。

 

また、色々な人の力をたよることも多く、

本当にありがたいと感じています。

 

特に3人目となると、

上の子たちのお友達のつながりから、

協力してくれるママ友がいたこと、、、

 

これが1人目2人目の妊娠時とは大きく違い、

本当に心の支えになりました。

 

今は、3人の子育てで毎日ぐったりの日々で、

子供にもイライラしたりといっぱいいっぱいの日々ですが、

3人の子供が川の字で寝ている姿をみると、

本当に

3人産む事ができるのって幸せだ」と感じています。

 

 

コメント