もうベテランはうそ!?3人目妊娠出産も“初めて”がいっぱい。

私の妊娠体験あれこれ

 

3人とも里帰りはせずに市内の産科クリニックで出産した私

 

いつもお世話になっているその産科クリニックは、

女医さんが多いことでも有名で、

助産師さんも温かく迎えてくれるため安心して通院していました。

 

1人目は、陣痛が始まり不安のあまり早めに入院

 

病院で一晩過ごし翌朝やっと出産

陣痛の痛みを初めて知り、もう少し家で過ごせばよかったかな・・・

なんて思ったりして。

 

2人目の時は、長男が2歳の時に出産だったので、

なるべく長男と一緒にいたいと思い、

ギリギリまで家で耐えようと決めていました。

 

寝ている長男を起こさないよう車に乗せて、

真夜中に主人の運転する車で病院へ

 

病院に着いた時にはすでに歩けない状態

車いすで分娩室へ運ばれ、わずか15分で出産

1人目より楽に感じられ、これが経産婦の出産なんだ!と感動

 

これなら3人目も産めそう♪とルンルンでした。

そして、迎える3人目の出産は・・・。

 

3人目妊娠出産も山あり谷あり。

 

3人目の出産は私にとって、すごく楽しみでした。

3人以上出産を経験したママ友からは

「赤ちゃんが出てくるのがわかったよ!」とか

「落ち着いて出産できた!」などなど、

 

いろいろな経験談を聞いているうちに

“私もみんなのように落ち着いて出産できるはず”と

思い込むようになっていきました。

 

“私はどんな感想が言えるんだろう♪”

なんてお気楽な妊娠生活を過ごしていました。

 

そんなある日、検診でお医者さんから

「赤ちゃん小さいし、元気ないみたいだから、

入院した方がいいかもしれない・・・」と告げられ、

一気にパニックです。

 

上の子のお世話を頼める人は主人しかいないし、

入院なんてことになったら、主人に迷惑がかかるし、

子供たちにも辛い思いをさせちゃう・・・。

赤ちゃん元気で生まれてこなかったらどうしよう・・・。

 

入院が必要か判断するため、連日通院し、

寝ている赤ちゃんをわざと起こしてチェックすることに。

 

数日通い、

「昼間寝ている子なのね。

元気に動いていたから大丈夫そうね。」と言われ、

 

ホッとしたのもつかの間、

推定体重の増え方がよくない。」と検診のたびに言われるようになり、

 

もう検診行きたくない・・・”とすら感じるように。

 

その産科クリニックにはお医者さんが

他にも数名いたので、気分転換に・・・

と別のお医者さんに診てもらうことにしました。

 

すると、「あの先生、心配性だからねー

お母さんが小柄だから、赤ちゃんも小さくて当たり前よね。」と

私の心を見抜くかのように声を掛けてくれました。

 

その言葉で少し安心して過ごせるようになりました。

 

予定日2か月前に助産師さんとの面談がありました。

その面談ではバースプランと言って、

どんなお産にしたいかを伝えることができます。

 

また、助産師さんからお産に対する心の準備やアドバイスがあります。

面談のときに助産師さんから

「2人目はお産の進みが早かったんですね・・・

3人目は間に合わないかもしれないから、

自宅出産の方法をお話ししますね。」

と言われてしまったのです。

 

予想もしていなかった言葉にびっくり。

間に合わない”ってどういうこと?“自宅出産”・・・

そんな話はママ友からも聞いたことないし。もう、プチパニックです。

 

自宅出産の心構え、必要な物、

出産後の各所(救急車、産科クリニック、家族)への連絡手順などの説明を受け、

その日から自宅出産のシミュレーションです。

 

3人目妊娠出産山あり谷ありで当たり前

出産を甘く見過ぎていたのかも・・・と反省しました。

 

みなさんに感謝!3人目出産エピソード

 

予定日4日前朝起きるといつもと何か違う・・・

 

これって破水かも。

産科クリニックに電話して、一応入院準備をしてから病院へ。

検査したところ、少し破水している・・・

と言われ、そのまま入院。

 

“いよいよ出産かぁ”と思いきや、その後も全く陣痛が来ないんです。

感染症予防のための点滴をしていたので、ベッドで安静にしていると、

夜、主人と上の子二人が病室に来てくれました。

 

4歳の息子と2歳の娘は、知らない部屋のベッドの上で、

知らないパジャマを着たママにドン引きです。

 

「おいでー」と声を掛けてもじーっと見つめるだけで、

近寄ろうとしないんです。

切なくなっちゃいました。

 

息子は少し慣れてくると近くで話せるようになり、

幼稚園の出来事などいろいろ話をしましたが、

娘は面会終了時間まで近づかないままでした。

 

帰り際、息子は「ママがいい」と言って泣いてしまいましたが、

娘は涙をこらえて帰っていきました。

 

結局、そのまま就寝。

夜中、いつも通りによく動く赤ちゃん

生まれる前って動かなくなるって聞いていたのに・・・

赤ちゃんはまだ生まれる準備ができてないのかなぁと不安な夜となりました。

 

翌朝、お医者さんから、破水して時間が経ってしまうと、

赤ちゃんへ悪い影響が出るから、

陣痛促進剤を使用して出産しましょうと提案がありました。

 

今から始めれば、お昼ころには陣痛来るはず・・・と言われ、

 

陣痛促進剤投与スタート

陣痛室で過ごすことに。

 

あぁ、あと2時間かぁ・・・と心構えをしはじめたら、急に激痛が。

 

あれー??これはー??

様子を見に来た助産師さんもびっくりです。

 

医院長が陣痛室に登場し、

「だからこの人は油断できないって言ったでしょー。」

と車いすを持ってくるよう指示しながらも、

 

車いすじゃ間に合わない!」と

陣痛室にあったキャスター付きの椅子に私を座らせ、

大急ぎでそのまま分娩室へ移動

 

分娩台に上がってから、あまりの痛さでもがく私に、

あー、背中反っちゃうのねー」と助産師さんから冷静な一言

 

その言葉で我に返り“あっ、赤ちゃん産まなきゃ!”と

やっと出産モードに切り替えられました。

 

「いきまないで、ふぅ~って産もうか」と、

かなり難しい指示がありましたが、

なんとか「ふぅ~」で対応し、生まれるまではあっという間でした。

 

少し落ち着いて周りを見渡すと、

なんだかスタッフさん多いし、お医者さんが二人もいるし。

「あれー??私、何かご迷惑おかけしちゃったかしら?

 

それとも昼間はこんなに人が多いのかな?」とぼーっと考えていると、

赤ちゃんの処置をしていた医院長から

 

「実は赤ちゃんの首にへその緒が2周も巻き付いてて。

だから、いきめなかったのよね。」と言われたのです。

 

出産途中に「ここから赤ちゃん回すよー」と

助産師さん数名でサポートしてくれていたことを思い出し、

無事出産できたことに感謝の気持ちでいっぱいになりました。

 

生まれてきた赤ちゃんは体重2600g、

身長45cmの少し小柄だけど、元気いっぱいの女の子でした。

 

出産後、会いに来てくれた息子は

「ぼくの赤ちゃんだー」と大喜び。

 

前日、近寄れなかった娘は、

カタコトで「赤ちゃん、かわいい」と大喜び

二人ともいつも通り私に甘えられるようになりました。

 

出産前は上の子たちもきっと緊張していたのですね。

その後は大変

 

病院から帰る時間になると二人とも大泣きで、

手伝いに来てくれていた私の母もぐったりの様子。

 

大泣きする子供たちをなだめつつ、

イライラしないよう“私の人生で今が一番のモテ期だ”と思うようにしました。

3人の子供に囲まれ、今もモテ期が続いています♪

 

まとめ

3人目の出産・子育て

もうベテランね」と言われることも多いですが、

出産も子育ても1人目、2人目と同じようにはいかないのです。

 

どうしたら、3人の子供にストレスを感じさせないように過ごせるか?

 

どうしたら、うまく寝かしつけられるか?など、悩みはつきません。

試行錯誤の毎日です。

 

バタバタの日々で、あっという間に一年が過ぎ、

去年着ていた洋服が小さくなると子供たちの成長を改めて感じ、

赤ちゃんだったころを懐かしく思い出します。

 

3人の子供たちが一度に話しかけてきたり、

だれがママの隣で寝るか毎日けんかしたり。

 

たまにイライラすることもあるけど、

そんな今が一番幸せなのかもしれないと思って、

モテ期を楽しんでいます。

 

 

コメント