赤ちゃんの寝かしつけ体験談~効果があった方法はコレ!!~

スポンサーリンク
産後お悩み解決法
スポンサーリンク

 

赤ちゃんが産まれて、慣れない育児の中でも

私を悩ませたのが「寝かしつけ」でした。

 

眠たくなると愚図りだして泣くのになかなか寝てくれない・・・( ;∀;)

 

あの手この手を使った私の体験談で効果があったもの、

そして効果がなかったものをご紹介します!

 

是非、参考にしていただけたら嬉しいです!

 

スポンサーリンク

赤ちゃんの寝かしつけは寝るまでゆらゆら抱っこが効果大!

 

 

新生児の頃は授乳すれば

すぐに寝てくれていたので、

寝かしつけに苦労することはあまりありませんでした。

 

しかし生後1か月あたりから、授乳しても寝ることはなく、

寝たとしてもベビーベッドに寝かせると

 

背中スイッチが発動し、

ギャン泣き・・・

という日々が始まりました。

 

そこで実践したのがおくるみに巻いて

ゆらゆら抱っこで寝かしつける

という方法でした。

 

入院中に助産師さんに教えてもらったのですが、

わりとしっかり巻くことで、

赤ちゃんはママのお腹の中にいた時の様な

安心感があるそうで、

ギャン泣きしていた娘もぐるぐる巻きにされて

抱っこするとピタッ泣き止むことが多かったです。

 

そのまま瞼を閉じるまで

ひたすらゆらゆら、ゆらゆら・・・

腕、腰は疲れますが、

これで自分の眠れる時間が確保できると思えば

なんとか頑張れました((´∀`))ケラケラ笑

 

赤ちゃんの寝かしつけアプリも試してみた!!

 

赤ちゃんの寝かしつけアプリがあるのはご存知でしょうか?

 

オルゴールや、絵本の読み聞かせ、

胎内にいたときに聞いていた音等

様々なものがあります。

 

私は妊娠中にディズニーのオルゴール

YouTubeでよく聞いていました。

 

その為、オルゴールのアプリでは案外すぐ寝るかも!?

胎内記憶があるかも!?

なんて期待していましたが、効果はイマイチでした((+_+))

 

うちの娘の場合は静かな方が眠りに入りやすいのか、

授乳中も話しかけたりすると、

なんとなく嫌がるような顔をするので

 

いつもだまって授乳していたこともあり、

アプリの音がでると、音に反応して起きてしまう事の方が

多かったです・・・

 

うちの娘には寝かしつけアプリは効果がなかったです((+_+))

 

赤ちゃんの寝かしつけ楽だけど添い乳は辞め時が難しい!

 

生後3か月くらいの時から、

ベビーベッドで寝かせることが難しくなり、

私と同じ布団で眠るようになりました。

 

それまでも添い乳はしていたのですが、

深い眠りに入った頃合いを見てから

ベビーベッドに移動させていたので、

私は添い乳中寝ていませんでした。

 

けれど、同じ布団に寝るようになると、すっかり私の方が

先に寝てしまったかも!?と思うことも多く、

寝かしつけはとてもになりました。

 

最初は好調だった添い乳ですが、

月齢が大きくなるにつれて

 

夜中に起きる回数は減ると思っていたのに、

なかなか減ることはなく、

大きくなるにつれ、むしろ増えていきました。

 

歯も生えてきて乳首を噛まれることも増え、

楽だった添い乳が

ストレスになるようになってきました。

 

娘も寝る時はおっぱいを飲んで寝たのに、

夜中目が覚めると

おっぱいがないので泣くし、

泣けばおっぱいをもらえると学習しているので

ひどいときは30~40分に1回は起きる

という事も多くありました。

 

先輩ママに相談すると

添い乳をやめたら夜中の起きる回数が減ったよ」と

 

聞き、娘が1歳を過ぎて

添い乳寝かしつけをすることを辞める決意をしました。

 

とっても楽な添い乳ですが、辞めるのも大変だったので、

気軽におすすめはできません・・・( ;∀;)

 

赤ちゃんの寝かしつけ1歳になった娘の今は!?

 

1歳2か月になって

添い乳の寝かしつけと同時に

夜中の授乳も辞めることに決めました。

 

最初の3、4日くらいは大変でしたが、もう諦めがついたのか、

現在は2人で「寝ようね」と伝えて

布団に入り、まずは授乳します。

 

満足すると3,4個並べてあるぬいぐるみを触り、

布団の上をゴロゴロ。

 

たまに立ってドアに向かおうとしますが、

すかさず「ねんね」と声をかけると

すぐに戻ってきます。

 

そして私が「おやすみ」と言い、寝たふりをします。

 

その後も一人でゴロゴロ回ったり、

私が本当に寝ているのか確かめにきたり

していますが、何分かすると疲れて寝てしまう、

というのがいつものパターンです。

 

更に、添い乳で寝かしつけた後は

いつも横に寝ていないとすぐに起きていたのですが、

私が部屋を出ても一人で寝られるようになり、

ドラマを見たりや趣味の時間も作れるようになりました。

 

夜中に起きる回数も格段に減り、

起きても体を触ったり、背中をトントンしたりすれば

すぐ寝てくれるようになり、本当にになりました。

 

赤ちゃんに合った寝かしつけを探そう!

 

私の娘の寝かしつけを紹介させていただきましたが

赤ちゃんの性格や成長段階によって

寝かしつけの効果も様々です。

 

なかなか寝てくれないと

早く寝てよ~

とママもストレスが溜まってしまいます。

 

どうしても寝ない時は起きて疲れさせる、というのも

1つの方法です。

 

色々な方法を試しながら、

赤ちゃんとママに合った寝かしつけを見つけて、

少しでもママがゆっくりできる時間が増えると良いですね。

 

 

コメント