赤ちゃんの寝かしつけ、添い乳で寝る生後5か月のわが子

スポンサーリンク
産後お悩み解決法
スポンサーリンク

 

赤ちゃんも5か月頃になると

ずいぶんしっかりとした体つきになってきて、

可愛くて仕方がないです。

 

寝がえりをして乳を吐いて

ぎゃーーーーーー

なんてことがしょっちゅうでした。

 

でも、声をだして笑っているわが子

 

目に入れても痛くないというのは、

このことだ~って

日々愛おしくなるわが子にデレデレの毎日です!

 

5か月にもなると横抱きで寝かせるのはムリ!

 

絶対嫌がります><

添い乳…なんて楽ちんなんだろ~て実感しました♡

 

スポンサーリンク

5か月の赤ちゃん、寝かしつけ時間は決まってきた!? 

 

 

5か月頃の赤ちゃんは個人差もあるけれど、

生活リズムがなんとなーくできてきます。

 

なので決まった時間に起こしてあげてお乳をあげ、

お着替えをし、顔を拭いてあげると、お目目ぱっちり!

 

目が覚めるみたいです^^

 

しばらくゴロゴロ寝がえりをしたり、自分の足を噛み噛みしたりと、

ころころと遊んでます。

 

しかーーし…

朝は主婦はとにかく忙しい!

 

赤ちゃんばかりにかまっていられないのが現実!

私はおんぶをして家事をこなしてました。

 

この頃はやっぱり寝返りができるようになってるので、

知らないうち転がってるし、知らないうちに乳を吐いてるし、

知らないうち戻れないからもがいてるし、

一人にしとくのは怖いですよね><

 

赤ちゃんが背中にくっついてるのがとにかく安心でしたね~^^

 

  夜は寝てしまうとぐっすり寝てくれる子だったので、

昼間は寝ても30分から1時間くらいで起きちゃいます。

 

えーーーもぅ起きたんかーーー

なんて思うことはしょっちゅうでした。

 

でも、だいたい決まった時間に寝てくれるようになってきてたから、

すぐ起きちゃうことは分かってはいるんですけどね。

 

夜も、リビングで旦那さんや兄弟に遊んでもらって、

キャッキャと声を出して機嫌よく遊んでいても、

時間がきて寝室につれていくと、

寝るんだなってわかるのか急に泣き出します。

 

暗い部屋=寝かされる…

なんて小さいながらに思うのかな!?

 

この繰り返しで、朝は起こしても、

グザることなくスムーズに起きてるようになってました♪

 

生後5か月の赤ちゃん、寝かしつけはやっぱり添い乳!

 

 寝室に連れていくと

暗い部屋が嫌なのか、

まだ寝たくないからか、急に泣き始めるわが子。

 

さっきまでご機嫌だったのになんだよ~

 

そのまま機嫌よく寝てくれよ~と思う母心…。

分かるわけないですよね(泣)

 

でも、私には強い味方添い乳があります!

 

これにはポイントがあって、寝る前にお乳をあげて、

お腹いっぱいの状態で布団にはいるとうちの子は、

お乳は吸いたくないし、眠いしで

ギャン泣きしてしまいました…。

そう!大失敗です><

 

だからお乳をあげてからしばらくたってから、

お布団にはいって添い乳をするのがおすすめです^^

その時に授乳になってもいいかも!

 

一緒に寝てしまって、赤ちゃんがお乳で顔がふさがって、

窒息したら~なんて怖いことを思ったこともありましたが、

今のところ大丈夫でした。

 

それが心配な方はおすすめしないです。

 

お乳を吸いながら、だいたい寝てくれますね~♡

可愛いし、とにかく楽!?です。

 

  赤ちゃんの寝かしつけ、添い乳で寝る生後5か月のわが子  

 

 この頃までに、赤ちゃんが成長するのが

まず大変でしたが、

ここにきて

やっと寝かしつけるのに楽になったなーって思います。

 

でも、私はとにかくお乳トラブルが多くて、

添い乳って楽なんだけど困ったこともありました。

 

吸い方が浅い為か、寝てしまうまでに時間がかかると、

その間ずーーっと吸ってるので、

乳首が切れちゃうことも度々…。

 

切れると治るまでに

しばらくかかるから、

授乳のたび痛いおもいをしなくてはいけませんでした。

 

楽できるから

ついついやっちゃうんですがね><

 

でも、いろんな経験を重ねながら、

痛みを感じながら、

わが子の成長が見守れることが幸せです♡

 

  

コメント