赤ちゃんと外出する時の心構え《授乳編》

子供とおでかけ

 

赤ちゃんと外出できるようなったばかりの頃、

完全母乳だった私は

お腹が空いて突然泣いてしまったらどうしよう(>_<)

 

授乳する場所は?

ケープは必要?

おっぱいは張ってパンパンになる?

など、授乳についての心配がありました。

 

今回は私と同じように、

そんな心配をしている新米ママさんの

参考になれば嬉しいです(^^♪

 

まずは外出前の授乳のタイミングが大事!

 

私の経験からは、外出前の授乳のタイミングは

出かける直前がベストだと思います。

 

お出かけ慣れしていないと、

何かと準備に時間がかかります。

 

着替えは持ったか、おむつは替えたか、抱っこ紐は持つか・・・

なんて確認をしていたら、

あっという間に10分くらい経ってしまいます。

 

その間に愚図ってしまったりすると、更に時間がかかり、

すぐに出られると思っていても

あっという間に30分以上

経ってしまったりしていました・・・

 

そんな中で「外出1時間前に授乳」と思って

授乳してしまうと、時間がどんどんずれていき、

移動中の車内や、外出先で

すぐお腹が空いてしまうことになってしまっていました。

 

まだ月齢が小さい赤ちゃんほど、授乳間隔は短いので

ママの準備が出来て、ある程度出かける準備ができた

最後に授乳するのが私のベストタイミングでした。

 

それから最後の荷物確認をして外出です!!

 

そうすれば、赤ちゃんのおっぱいを飲む量にもよりますが、

移動時間くらいは

お腹を空かさず待っていられると思います。

 

外出先で授乳ケープは絶対必要!?

 

外出先で授乳ケープが絶対必要かと言われると・・・

実はそんなことはありません。

 

というのも、今のデパートショッピングセンター

授乳室がある施設のほとんどが個室や

カーテンで仕切られた個室になっています。

 

妊娠前に私が想像していた授乳室は

1部屋に椅子がたくさん置かれていて

そこで授乳ケープを使って授乳する、というものだったのですが、

今まで行った授乳室は全て個室で驚きました。

 

そのため、授乳ケープを使うことはありませんでした。

けれど、車中で愚図った時や、お宅へお邪魔した時等は

授乳ケープが必要になることもあります。

 

ただ、バスタオルや、カーディガン等で代用したりもできるので、

必ずしも授乳ケープは買わなければいけないものではないと思います。

 

私は出産祝いで授乳ケープをいただいたのですが、

あまり出番はありませんでした( ;∀;)

 

母乳だと外出の時は張ってしまう!?

私は完全母乳だった為、月齢が小さいときは、

母乳量もかなり多く、乳腺炎にはならなかったのですが、

 

小さなしこりができたり、

乳首に白斑ができたり、

乳腺炎にいつなってもおかしくない状態

なることが多かったです。

 

そんな状態だったため、外出して

1時間以上授乳しなかったときは、かなり張っていました。

 

おっぱいパットが母乳で

パンパンになってしまうこともありました。

 

張ってしまうと、ママ自身も痛くてストレスになる上、

乳腺炎になるリスクもあります。

 

赤ちゃんも張ったおっぱいは飲みにくいので

赤ちゃんの月齢や母乳の量にもよりますが、

なるべく1~2時間おきには授乳するようにしましょう。

 

外出時は授乳タイミングを早めに取ろう!

 

外出していて、いつもの授乳時間に赤ちゃんも

機嫌が良いと、つい

「機嫌いいから、授乳は後にしよう」

と後回しにしてしまうことがありました。

 

そんな時に限って、

突然お腹がすいたと大泣きしてしまうことがありました。

 

泣いてしまうとバタバタ授乳室を探したり、

車に戻ったり、大変です。

 

外出先でもある程度、いつもと同じ時間に授乳をして、

移動がある場合は少し早めのタイミングでも

授乳室がある場所で授乳したほうが、

ママも赤ちゃんもリラックスできますよ。

 

赤ちゃんと外出するときの心構えまとめ

 

授乳育児中は、おっぱいが張ったり、

外出先でおっぱいを欲しがり、服を引っ張られて

恥ずかしい思いをしたり・・・

大変なこともありますよね。

 

けれど、長い育児の中で、授乳するのはほんの短い時間です。

 

外出先での授乳

ママの心持ち次第で楽にも大変にもなります。

 

是非、ママも赤ちゃんも楽しんで外出して下さい!!

 

 

コメント