赤ちゃんと外出したとき、授乳って実際のところどうしてた?私の場合

子供とおでかけ

 

生後1か月を過ぎ、順調な経過をたどり、

やっと外出できる!と喜びながらも、

そういえば、おでかけ中の授乳ってどうすればいいのかな??

 

家の中だったら、好きな時に好きな場所で授乳ができたけど、

出先だと、そうもいかないよね・・・

そうです。外出後は、思うように授乳ってできません。

 

なので、少しだけ下準備しておくと

ママも赤ちゃんも安心してお出かけができます。

 

私が赤ちゃんとお出かけしたとき、どんな工夫をしていたのか

お伝えしますね。

 

母乳中心でも、外出時はミルクが便利なことも!?

 

母乳中心のママだと、

私が居れば、とりあえずなんとかなる!

その通りだと思います。

 

家の中だけならそれで完璧でも、外出先では、

自分の思うように授乳できないこともあります。

 

たとえば、

人が多い場所で授乳ケープなどの授乳も

ちょっと抵抗があるだとか、

いまいち母乳の出が良くない時のお出かけだったりとか、

頻繁な授乳が不可能なときなど。
(母乳ってミルクに比べてけっこう授乳回数多くなりますよね)

でも、これって事前にわかっていることって少なくないですか?

 

出先で、

ここ、授乳する場所がない

授乳室がなかなか空かない

泣き始めたけど、おっぱいがまだ張っていない

人が多くて授乳しづらい

など、“予想外のこと”が良くあるものですよね。

 

でも赤ちゃん泣いているし・・・としかたなく、

授乳スペース以外の場所で

母乳をあげた経験が私も何度かあります。

 

授乳ケープをしていても、ちょっと恥ずかしかったです。

人の視線が気になり、

自分の頭も授乳ケープの中にもぐって授乳したこともww

余計、目立っていたかもしれませんが・・・(汗)

 

こういうとき、ミルクの準備がしてあると

とっても助かるんです。

人目を気にせず、安心して

赤ちゃんのおなかを満たしてあげられますよ。

 

もちろん、授乳室でゆっくりおっぱいをあげられれば、

それに越したことはないんですが。

 

お出かけのときの、授乳タイミングは早めに!

 

赤ちゃんがぐずぐずしはじめると、

おなかが満たされるまで泣き続けますよね。

 

ちょっと、今並んで待ってるから・・・

もう少しで食べ終わるから・・・

ちょっと待って、授乳スペースまでまだ距離が・・・

そんなことは、赤ちゃんにとってはおかまいなしです。

 

赤ちゃんが怒って泣き始めてから

急いで授乳スペースを探すのでは、

一気にバタバタしてしまい焦ります

 

車内で泣き始めたりすると、

気を取られてしまい運転も危ないかもしれないですし

赤ちゃんにとってもママにとっても、

ストレスになりますよね。

 

そうなるのを防ぐために、

お出かけの直前におなかを満たしてあげて、

次の授乳時間をあらかじめ予想しておくといいと思います。

 

予想授乳時間の少し前に、

アラームをセットしておくのもいいかもしれません。

 

アラームが鳴ったら、授乳のスタンバイを始めるんです。

 

時間を意識するだけで、

ここからしばらく授乳できないから今しておこうかな

授乳室が近くにあるからこの辺でうろうろしていよう

ここには授乳室がないから、

人通りのすくないところを探しておこう

 

など、すこし下準備ができますよ。

心にも、余裕ができます♪

これ大事です!

 

外出先で気になる、授乳の際のマナーって?

 

家で赤ちゃんと二人きりのときは、

授乳用の服でなくても、授乳ケープなどしなくても、

特に人目を気にすることもなく、授乳できます。

 

でも、家での感覚はお出かけの時には切り替えて、

周りの人が、恥ずかしいな・・・

と感じてしまうような授乳スタイルは、避けましょう。

 

授乳服を着てウエストが出ないように気を付けたり、

授乳ケープで目隠しすることも忘れずに。

 

寒い時は、私は大判ストールで、

防寒と授乳ケープとを兼ねていました。

 

授乳のときクリップ

自分と赤ちゃんの体を巻いて授乳していました。

 

赤ちゃんと外出したとき、授乳って実際のところどうしてた?私の場合 まとめ

 

出先の授乳で気になるところは、主に

授乳のタイミング
授乳の場所
授乳スタイル

ですね。

 

あらかじめ、出先に授乳設備があるかどうかを

調べることももちろん必要です。

 

でもこれに加えて、

授乳設備が無い 

又は 使えない時にも対応できるように、

下準備しておくと安心ですよ♪

 

少しでも、下準備しているのとしていないのとでは、

出先の授乳に関するストレス度が違うと思います。

 

安心して、赤ちゃんとのお出かけを楽しんでくださいね♪

 

 

コメント