赤ちゃんとの外出!車移動のポイントは!?

子供とおでかけ

 

赤ちゃんと外出するときは、

車で移動するのがラクですね。

 

これはどうしてかというと、

荷物が積めるということ、

自分の部屋のように過ごせるということ(私だけかな?)、

車中なら授乳・おむつ替えが

気兼ねなくできるということですね。

 

私も、実家に帰省する際は

子どもたちを連れて車で長時間移動しますが、

車移動ラクなこと、大変なことどちらもあります。

 

この記事では、

赤ちゃんを連れての車移動でのポイントをお伝えしようと思います。

 

これから赤ちゃんとの車移動をお考えのママさん

お役に立てれば幸いです。

 

赤ちゃんと車移動するときに大事なことは!?

 

赤ちゃんと車移動するとき、

 

楽なこと、メリットとなることと言うと、

先ほど示したように

 

荷物がたくさん積める(とにかく赤ちゃん連れは大荷物!)、

リラックスできる(赤ちゃんがゴキゲンならば)、

車を停めた状態ならば、車内で授乳やおむつ替えができる

ドアto ドアでの移動も可能

ということですね。

 

いっぽう、
大変なこと、デメリットというと、

大人だけでの移動に比べて

 休憩回数が多くなるので、比較的時間がかかること、

 

走行中にぐずり出すとどうしようもなくなること

(車を停めるまでどうにもできないことが多いし、

  自分が運転中なら気をとられ危ない)、

 

赤ちゃんが意外に暑がったりして温度調節が難しいこと

などがあります。

 

赤ちゃんと車で移動するときに大事なことは、

主に、デメリットと思われることに対して

どのように対応するかに尽きると思います。

 

具体的に、次で示していきますね。

 

赤ちゃんと車で長時間移動するときのポイントは!?

 

私は、実家(所要時間4~5時間)に

車で帰省するとき、高速道路を使います。

 

もちろん、ひといきに行ける距離ではありませんので、

サービスエリアなどでの休憩をかならず入れますが、

赤ちゃんがわんわん泣いてからでは、

車内の全員がげっそりしてしまうので、

 

ゴキゲンだけど、もうそろそろぐずり出しそうだな・・・

というタイミングで休憩を入れています。

要するにリフレッシュですね。

 

おひるごはんのタイミングや、

上の子のおやつのタイミングに合わせると、

赤ちゃんのリフレッシュついでに車を降りて昼食、

おやつなどが済ませられるので良いと思います。

 

目安は2時間に1回くらいですね。

 

はやめに休憩を入れていくことで、

走行中にぐずぐずしてしまうことを

減らすことができるのではないかと思います。

 

そうすることで、ママ自身が運転しているときも、

(あれが原因かな、これか原因かな・・・汗)

と気をとられてしまうことは減ると思います。

 

全体の移動時間は長くなってしまうかもしれませんが、

ストレスをなるべく少なく。という観点から、

移動時間に関しては少しガマンです。

 

また、走行中に赤ちゃんがぐずる原因としては、

体感温度がその一つとしてあると思いますが、

寒い よりは、 暑い という場合の方が多い気がします。

 

冬場でも、チャイルドシートから降ろすと、

背中に汗がじっとり・・・

なんてこともありました。

 

それが嫌で泣いてたんだ!とそこで気付いた 

とかいうことも一回ではないです。

 

でも、走行中に隣に座っていたとしても

着替えさせるのは難しいので、

背中(衣服と背中の間)に

ハンカチやガーゼなどをはさんでおいて、

途中で換えてあげるだけでも少しマシになると思います。

 

冬でも、やってあげると良いと思います。

あと、靴下や靴は脱がせておいてあげるといいですよ。

 

靴下をはかせっぱなしにしていると、

意外と暑いみたいです。

 

新生児を連れ退院するまでには、必ずチャイルドシートの準備を!

 

首の据わらない赤ちゃんを安全に車で運ぶには、

新生児用のチャイルドシートがマストですね。

 

ちなみに6歳未満の子ども

乗車する際のチャイルドシートの使用は、

道路交通法により義務付けられています。

 

大人の抱っこで車移動される方もいらっしゃいますが、

事故にあったとき、赤ちゃんを守れません

 

また、車の中に上の子がいる場合は、

上の子のお世話もあるので、

赤ちゃんが安全な状態でいることはとても重要です。

 

なので、赤ちゃんを車に乗せるときには、

必ずチャイルドシートを使わなければいけません。

 

出産準備の中には、産後用意すればいいものも

もちろんありますが、

チャイルドシートは必ず、産まれる前には用意しましょうね!

退院のときにはすでに、必要になるのですから。

 

私が出産後退院したとき、自家用車はセダン型のもので、

チャイルドシートからの乗せ降ろしが

ちょっと大変かな、と思ったので、

チャイルドシート自体がクルっと

回転するものをチョイスしました。

 

案の定、赤ちゃんの乗せ降ろしがとてもラクでしたよ。

 

チャイルドシートを選ぶときは、

車のタイプなども考慮に入れるといいかもしれません。

 

赤ちゃんとの外出!車移動のポイントは!? まとめ

 

赤ちゃんと車移動するとき、

大事なことは

休憩
温度調節
チャイルドシート

ですね。

 

これから赤ちゃんを連れて

車でお出かけしようかな!とお考えのママさん、

ゴキゲンな赤ちゃんと、

安全運転で、楽しいドライブになりますように♪

 

 

コメント