赤ちゃんと、冬のお出かけ!抱っこ紐での防寒ってどうする!?

子供とおでかけ

 

赤ちゃんとお出かけしたい!

 

だけど、お外が寒いから、

赤ちゃんに寒い思いをさせると心配だし、

 

どのくらい着せれば良いのかわからないし、

自分もどんな服装にしようか迷うし・・・。

私も経験あります。

 

特に抱っこ紐でのお出かけだと、カンタンに脱ぎ着できないのが難点。

だから、よけい赤ちゃんの防寒をどうしようか悩んでしまいますよね。

 

この記事では、

私が冬に赤ちゃんとお出かけするときに

どうやって防寒していたのかお伝えします。

 

これから寒くなる時期に、

赤ちゃんとのお出かけを考えている

ママさんのお役に立てれば幸いです。

 

赤ちゃんを抱っこするときの服装って!?

 

抱っこ紐で赤ちゃんを抱っこするとき、

私は薄めの着衣(とくに上半身は)にすることが多かったです。

 

これは、出先で授乳!となったとき、

すぐに授乳体勢に入れるようにという理由と、

 

赤ちゃんを抱っこしている

とにかくすぐに暑くなるから!という理由からです。

 

また、赤ちゃんも、抱っこしていると

暑くなるからかすぐに頭に汗をかいたり、むずかりだすし、

着膨れしているとだっこしにくいという理由から

薄めの着衣にしていることが多かったように思います。

 

抱っこ紐で赤ちゃんを抱っこしながらトイレに入ったり、

食事や買い物をしたりするときも、

薄めの着衣の方が動きやすかったです。

 

冬の抱っこ紐でのお出かけ!防寒は!?

 

でも、冬場のお出かけのときは、

動きにくいからといって

赤ちゃんに寒い思いをさせるわけにはいかないですよね。

 

私は以前、冬場のお出かけで

赤ちゃんにどのくらい着せれば良いのか分からず、

 

自分はダウンジャケットを着てニットキャップをかぶり、

赤ちゃんには家で過ごしていた服装にベストをプラスし、

ダウンのジャンプスーツを着せてニットキャップをかぶせて

 

抱っこ紐で出かけたら、

授乳のために赤ちゃんを抱っこ紐から降ろしたとき

赤ちゃんがびっくりするくらい汗をかいていたことがありました。

 

もちろん、自分も汗をかいていました。

寒い思いをさせるといけないと思い、

着せすぎてしまったようでした。

 

逆に、全身に汗をかいてしまっていたので、

気化熱で体が冷えてしまうのではと心配になったものです。

 

それからは、赤ちゃんにしっかり着させるというより、

上からカバーしてあげるという防寒方法に切り替えました。

 

抱っこ紐のときの防寒方法をブランケットに

 

私は、エルゴの抱っこ紐を使っていました。

 

エルゴには、肩ストラップと腰ストラップがありますが、

最初は、小さめのブランケットの四隅を両肩のストラップ

両腰のストラップにそれぞれねじ込んでいました。

 

けっこう良いぞ♪

とやや手ごたえを感じていた私ですが、

 

動いているうちに四隅のどれかがはずれてきてしまうこと、

赤ちゃんの足が隠しきれないこと、

あとは、見た目がちょっと雑な感じになることwwから、

これ以外に何か良い方法ないかなあ~と思っていたんです。

 

そんなとき、ベビー用品店で、

抱っこ紐の上から装着するタイプのブランケットを見つけたんです。

 

これは特にエルゴ用というものではなくて、

四角いブランケットの上の二隅にクリップがついていて、

両肩のストラップにそれぞれつけられるようになっています。

 

赤ちゃんの顔が出る高さでクリップを留めれば、

ブランケットが赤ちゃんの足先までまるごと

覆ってくれるというものです。

 

ちなみに私が購入したものは、ダウン素材で軽くて、

赤ちゃんに直接当たる面は、毛布のような起毛になっていて、

外側の面は、はっ水素材になっていました。

 

クリップを留めると、ブランケットの先端は

私の膝上くらいでした。

 

左右の幅も広めに作られていたので、

エルゴの抱っこ紐で赤ちゃんの脚が左右に開いていても

およそ足を覆うことができていました。

 

赤ちゃんの頭以外全体を覆うという感じでしたが、

私自身もかなり温かかったです。

 

もちろん暑くなったら

ブランケットのクリップをはずすだけです。

 

・・・なんだか商品の説明になってしまいましたがww

要するに、こういうものもあるということです。

 

赤ちゃんと、冬のお出かけ!抱っこ紐での防寒ってどうする!? まとめ

 

寒くないようにと自分と赤ちゃんが厚着するよりも、

脱着可能な防寒アイテムの方が便利だと思いました。

 

寒かったら上からカバーしてあげれば良い。

暑くなったらはずせば良い。

 

この安心感が、冬のお出かけのハードルを下げてくれたように思います。

 

お使いの抱っこ紐に合ったブランケットを見つけて、

冬のお出かけをママにも赤ちゃんにも快適なものにして下さいね♪

 

この記事がこれから冬のお出かけを考えているママさんの

お役に立てれば幸いです。

 

 

コメント