新生児なのに発熱!?生後0ヶ月で風邪をひいて入院に…

産後お悩み解決法

 

よく「赤ちゃんは生後6ヶ月を過ぎると

  風邪をひきやすくなる」と言いますよね。

 

なぜ6ヶ月かというと、それまでは

ママからもらった免疫で守られているから、とか…。

 

でも!だからと言って

生後6ヶ月までは病気をしないわけじゃありません。

 

我が家の次男はなんと生後0ヶ月

つまり新生児期に熱を出して、生まれた病院に

再入院することになってしまいました…。

 

はじまりはお熱。生後0ヶ月の新生児が38度の熱を…

次男の不調に気付いたのはお熱から。

朝起きて抱っこしてみると、明らかにいつもよりポカポカと温かいんです。

そこで体温を測ってみると、38.0℃

 

子供は体温が高いと言われますが、特に赤ちゃんの平熱は高め

 

次男も37.0~37.5℃くらいなら平熱の範囲だったので、

38℃でも「いつもよりちょっと高いくらい」と言えなくもありません。

 

とは言え、なにせ産まれて間もない新生児です。

 

この時点ではお熱の他に咳などの症状はありませんでしたが、

脱水にでもなったら大変と、慌てて小児科を受診しました。

 

0ヶ月の発熱、何科へ行く?もちろん小児科です!

 

普通、赤ちゃんが退院後に初めて病院に行くのは、

生後1ヶ月健診のときでしょう。

 

小児科のない個人病院でも生後1ヶ月健診だけはそこで、

という場合が多いようですが、

今回は健診ではなく発熱での受診。

 

となればもちろん、行くのは小児科です。

 

私の場合は周産期母子医療センターで出産していたので、

同じ病院の小児科を受診しました。

 

受け付けをして順番がやってくると、

周りの子よりずっと小さい次男に

先生も少し驚いた様子で診察がスタート。

 

(やっぱり風邪かな?)

(脱水は大丈夫かな?)

(お薬を処方されたらどうやって飲ませよう?)

(搾乳かミルクに混ぜて哺乳瓶かな?)

 

なんて考えていた私に小児科の先生が言ったのは

入院です」の衝撃的な一言!

 

低月齢の赤ちゃんが発熱した場合、

髄膜炎など怖い病気の可能性も考慮し、

入院して検査を行うことになっているそうです。

 

すべての病院がそういう判断なのかは分かりませんが、

ここは小児科病棟もある病院。

 

そのまま帰宅することなく入院になりました。

 

24時間付き添いで0ヶ月の入院生活がスタート

 

まさか入院になるとは思っていなかった私は大慌て

原則として保護者も付き添い入院が必要と言われ、

さらにパニック

 

オムツや着替えなどの荷物は最低限しか持っていなかったので、

まずは夫に連絡してオムツを1パックまるごと、

肌着などの着替えも手当たり次第に持ってきてもらうことにしました。

 

同時に実家や義実家にも連絡し、

私が付き添い入院している間の長男のお世話を依頼

 

長男は夫が休める日は自宅で、

それ以外は義実家に泊まらせてもらうことに。

 

健康優良児だった長男は入院経験がなかったので、

産後間もない体で

初めての付き添い入院はかなり心身に応えました…。

 

0ヶ月の赤ちゃんが発熱したときの検査は?

感染症の可能性に備えて、

次男はまず抗生剤の点滴をスタート

そしてRSウイルスの検査に加え、

血液検査髄液検査をすることに…。

 

RSウイルスの検査簡易的な検査

その日のうちに結果が出ましたが、

 

詳しい検査結果が出るには一週間かかると言われました。

すなわち入院期間も最低一週間です。

 

母親である私のショックを和らげるためか、

処置は別室で行われていましたが、

こんな小さな子に大人でも痛いと言われる髄液検査をさせるのは

あまりに申し訳なく、涙が出ました。

点滴がささった手も痛々しくて、本当に本当に辛かったです。

 

次男のお熱は間もなく下がりましたが、その後鼻水がひどくなり、

入院中は一日に何度もネブライザーで

お薬を吸入&鼻水吸引をしてもらっていました。

 

あの鼻水の量は、自宅では対処しきれなかったと思うので、

これは入院していて良かった点でした!

 

0ヶ月での発熱、結局原因は…

詳しい血液検査・髄液検査の結果は、幸いなことに問題なし!

結局、鼻水をズルズルさせていた長男の風邪がうつった

ということだったようです…。

 

手洗いうがい、アルコール消毒と

家族みんなで気を付けてはいましたが、

それでも新生児に風邪をひかせてしまいました。

 

大変な病気じゃなくて本当に良かったけど、

痛い検査をさせてしまったこと、

また入院中長男や家族に負担をかけてしまったことで、

私は母親として不甲斐なく、ずいぶん落ち込みました。

 

その後同時期に二人目を産んだ友人から、

我が家と同じように低月齢のうちに

上の子の風邪がうつって入院になったという話を聞きました。

 

集団生活をしている兄弟がいる赤ちゃんは、

どうしても風邪をひきやすいようです。

 

0ヶ月の赤ちゃんでも風邪はひきます!

母親が持っていない免疫は赤ちゃんにも移行しません。

 

次男のように産まれたばかりの赤ちゃんでも

病気にはなりますし、それが風邪であっても

大変な検査が必要になります。

 

小さいうちはちょっとした風邪でも重症化しやすいもの。

 

産後は親戚や友人がお見舞いに

来てくれることも多いかもしれませんが、

少しでも体調に不安がある方には遠慮していただくなど、

赤ちゃんのためにできる予防はしっかりしておきましょう。

 

皆さんはどうぞお気をつけくださいね!

 

 

コメント