寝かしつけの際には、抱っこだと思っていませんか?

スポンサーリンク
産後お悩み解決法
スポンサーリンク

 

赤ちゃんは、抱っこをすると

寝てくれるという子が多いですよね^^

 

抱っこをしてもらうことで、

愛情を感じられるということがよく言われています。

 

皆さんのお子さんは、抱っこでないと寝ないという感じでしょうか?

 

私の娘は、抱っこをしなくても

すんなりと寝てくれていたので、

あまり抱っこ抱っこといったことはありませんでした。

 

そこで、抱っこをしないと寝てくれないお子さんで、

困っているお母さんが少しでも

楽になれるようなお話しをしていきたいと思います^^

 

スポンサーリンク

抱っこばかりの寝かしつけは、しんどくてやめたくなる!

 

産後から毎日のように

子どもの寝かしつけが始まりますよね。

 

初めてのことばかりで、

どうやったら寝てくれるんだ?

毎日試行錯誤する毎日があったと思います。

 

抱っこばかりが続くと、ママ自身が負担になってしまったり、

肩こりなどで疲れも溜まってきてしまいます。

 

パパが協力してくれる場合であれば、

抱っこを交代してもらって、眠れることもあるかもしれません。

 

しかし、ママの抱っことパパの抱っこでは、

子どもなりにも違いが分かってなかなか寝てくれないことも・・・汗

 

抱っこをしたまま寝かせるということは、とても大変ですよね^^;

 

そんな時にお勧めしたいのが、抱っこ紐です!

お出かけの際にのみ使うものと思われがちですが、

家にいるときでもとっても便利なんです♪

 

普通に抱っこしていると、手が離せないので

家のことも何もかもできなくて困ってしまいますが、

抱っこ紐はおんぶ紐としても

使うことができるものが多く発売されています。

 

私は、抱っこ紐として使うことより、

おんぶ紐として使うことの方が多かったです。笑

 

すると、家事をしている間

後ろで眠ってしまっていることが多かったですよ♪

 

寝かしつけしない親をどう思う?

 

寝かしつけとなると、親がか必ずしないといけないという

使命のようなものを感じてしまう方も多いと思います。

 

私も、始めは子どもの為にと思って一生懸命になって、

寝かしつけをしなければ!と思っていました。

 

しかし!!

子どもって、親のことをよくわかっているんですよね・・・笑

 

寝かそう寝かそうとすると、

逆に起きてしまうっていうことはありませんか?

 

私はこの悪循環気づいた時から、

寝かそうとする寝かしつけをやめました

 

寝かしつけまで完了して、やっと1日が終わる!

といった生活もいいのですが、

それではママが疲れてしまいますよね^^;

 

私は、娘が小さい時から眠れない時は、

しないといけないことがすべて済むまで

おんぶ紐でお話しをしながら家事を済ませ、

 

終わってからは眠るまでゆっくりと

時間をかけて添い寝をするようにしましたよ♪

 

寝かしつけの際には、抱っこだと思っていませんか?のまとめ

 

毎日の忙しい生活の中で、抱っこで寝かしつけを

毎日しないといけないとなるととても大変だと思います。

 

ママだから、親だからという使命感

一生懸命になってしまっている方も多いとは思いますが、

子どもは眠くなったら眠ります^^

 

肩の力を抜いて、寝かさないと!ではなく、

ゆっくり眠ってね♪くらいの気持ちで、

お子さんとの時間を楽しんでみてはいかがでしょうか?^^

 

コメント